05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

行ってきました!アポイ岳♪

2011.07.07 (Thu)

2~3年前から、機会があったら登ってみたい!
と、思っていた”アポイ岳”に、今月初め単独で登ってきました~

当日はあいにくの霧模様。登っても真っ白かな・・・と心配していたのだけど。
登山口登山口6:52
少しずつ晴れてきました
R0013798.jpg木漏れ日が気持ちいい~。登山道をマイペースで歩いていきます。

で。。。
登山道のど真ん中に、でっかい生き物の足跡!
熊!なんと!熊出没
前の日にはなかったそうなので、その日の朝通ったのか。。。
そんなに頻繁にはいないものだろうと、高をくくっていたもんで、
若干ドキドキしながら先に進みました

5合目何事もなく、無事に5合目到着7:47

R0013783_convert_20110707203933.jpg
尾根つたいに青空の下をサクサク歩いていきます。
R0013795.jpg

R0013794.jpg馬の背8:20

エゾコウゾリナエゾコウゾリナ(固有種)
アポイアズマギクアポイアズマギク(固有変種)
道の脇に高山植物もチラホラ見られます。

R0013788_convert_20110707195646 (2)
頂上!9:20

信じられないくらい、汗を掻いたけど、最後まで気持ちよく、自分のペースで登ることが出来て
充実感いっぱいでした~

次に訪れるときは、アポイ岳頂上から続く、吉田山~ピンネシリまで足を延ばしてみたい!
早起きして登りに来てよかった~
お疲れ様で~す!


アポイ岳~標高810.2m 
日高山脈の南端付近西岸寄りに位置する。
地下数十kmの上部マントルが押し上げられた”かんらん岩”で出来ており、
特殊な土壌条件、海霧や強風、冬季の小雪という条件により、
低標高ながら80種以上の貴重な高山植物が生息し、毎年多くの愛好家が登山に訪れる。
スポンサーサイト
19:54  |  自然  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

アポイ岳は私も好きな山です。

道央にいた頃に3度ほど登りましたが
深夜に麓の駐車場に入って仮眠をとり
日の出とともに冷たい空気の中を
登り始めるのを常としてました。

花が多い、楽しい山ですよね
 
ユンボギ |  2011.07.09(土) 11:35 | URL |  【編集】

こんにちは

ユンボギさん、こんにちは。
アポイ岳は、本当に登るのを切望していた山なので、
早起きも苦にせず、サクサク登ってきました♪(笑)
早朝は人も少なく、静かな空間を楽しめますね(熊が心配ですか…)

盗掘が続いて、幌満のお花畑の高山植物は減ってしまったようですが、
長い時期、花を楽しめる、貴重な山だと思います。

次は秋に登ってみたいと思っています^^
komugipann |  2011.07.10(日) 07:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitanokori.blog81.fc2.com/tb.php/85-da7505ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。