07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

RDA畜大 ~障害者乗馬

2009.08.11 (Tue)

障害者乗馬~ハンディキャップを持った方でも、健常者と同じように、乗馬を楽しむ~

去年から、月1度を目標に、帯広畜産大学で週1回行われている、障害者乗馬に
ボランティアとして参加しています。

昨年は5月、9月と、宇都宮から、日本の障害者乗馬の草分けである”RDAJapan”
から講師を迎えて、学生と一般人が障害者乗馬の基礎を学びました。

そして今年は、今週の土日に、”RDAJapan”から理事の菊池さんを迎えて、
障害者乗馬の講習会開催となりました。
IMG_1308.jpg
RDAとは、1969年に結成された英国に本部を置くチャリティ団体で、日本では1998年に
RDAJapanが発足。畜大でも2004年にRDAちくだいを設立し、現在では週1回、数人の
障害者を受け入れ、障害者乗馬の活動を行っています。

馬に乗ることによって、身体の機能訓練になったり、いつもは見ることのない
豊かな表情の変化をみられたり、ドイツでは、障害者の治療の一環として、
乗馬を活用しているそうです。
IMG_1309.jpg

今年、私は土曜日1日だけの参加でしたが、RDAJapanの講師、菊池さん、畜大の柏村教授の
講義、指導のもと、学生さんも、一般の参加者も、より知識を深めることができたようです。

毎回感心させられるのは、学生さんの活躍ぶり。
馬の世話から、一般の参加者への声掛け、アドバイス、
どの学生さんもしっかり対応し、充実した講習会となりました。

そして今回、印象に残った一言が・・・
RDAの菊池さんの最後のあいさつだったのですが

”RDA畜大にしかない、味噌汁で言うならば、”我が家の味”を見つけてほしい”
 ― 場所が変われば、乗り手、介助者、馬も違う。
    教科書通りではなく、そこにあった、安全で有効な方法を見つけてほしい ―

   そんな菊池さんの思いが伝わってきた一言でした。
スポンサーサイト
13:47  |  うま  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitanokori.blog81.fc2.com/tb.php/25-2f03e416

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。